2010年11月15日

にかほでも比内地鶏?

鍋の季節。。。秋田県で最も有名な鍋料理といえば、きりたんぽ ですよね〜グッド(上向き矢印)
比内地鶏で しっかりダシを取った醤油仕立てのスープに、旬の野菜と採れたてきのこをたっぷり入れて、新米のきりたんぽを ワサッと入れて一煮立ちしたら 寒い季節には絶対にハズせない きりたんぽ鍋の出来上がり〜!!
ですが、きりたんぽは県北周辺発祥の郷土料理で 比内鶏も県北周辺の地鶏なんです。
にかほで きりたんぽを食べるようになったのは、随分あとになってからなんですね。
この きりたんぽ鍋には欠かせない 比内地鶏(少し前には、かなり世間を賑わせていましたが)が、由利本荘とにかほ地区でも飼育されていたなんて、全然知りませんでしたexclamation
その由利地域の比内地鶏を宣伝するため、道の駅ねむの丘で 昨日試食のコーナーや販売コーナーが一日限定で開店してました〜ぴかぴか(新しい)
2 041.jpg

普通の鶏と違い、放し飼いで育てるので広い土地が必要だし、飼育期間もかなり長いとのことで 手間隙が数倍かかるんだとか・・・。
でも、美味しいものを作るには どうしても手間隙がかかる!ってのは、比例する条件あせあせ(飛び散る汗)

でも、やっぱり ホンモノ の比内地鶏は美味しかった〜わーい(嬉しい顔)
おなじみの百彩館でも、比内地鶏の玉子を買うことができます手(チョキ) 
posted by (一社)にかほ市観光協会 at 16:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 特産品
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/41726438
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック