2011年08月08日

北東北三県でのインターハイにて

わたくしごとですが・・・
先週、うちの観光協会の最高忙しいこの時期にも関わらず わたくし2日間も休みをいただいて 岩手県のインターハイ会場へと行って参りました。
よりによって、一番忙しいこの時期に・・・だやな〜っても思いながらも、仕事のしわ寄せは あとでガッツリ頑張ればいーでろ(笑)的な感じで、堂々休んでの遠出・・・だったのですが、なんせ全国のトップレベルの高校生を一度に見られる機会ってのも そうそうはないもんで・・・苦笑。

それにしても、あーゆー場所に行くと、「狭い日本」のようでも、「やっぱし日本て広いな〜」と思う出来事がたくさんありますよね。。。
いろんな県の お国訛りが とっても気持ちよく聞こえてくるし。
「あ!愛知県だ!」とか「愛媛の子だ!」とか、一人で確認しながら歩いているだけでも楽しい〜♪
以前生活していた場所には、北海道から沖縄まで全国からいろんな人が集まっていたので、ことばを聞いただけで だいたいどこの子かわかります。
今の子は、自分のとこのことばを なんも恥ずかしがらずに堂々と喋るのがまた気持ちいい!

それにしても一番驚いたのが、沖縄県と鹿児島県の子供たちが 長袖を着ていたこと!
「ありゃ〜・・・あっつくないかい?」って聞いたら、「ちょっと肌寒いんです。」とのこと。
うっそ〜・・・寒いか!? と思ったけど、南国の子にしてみれば、東北の朝夕の涼しさは肌寒いと感じるんだ・・・。
北海道の子は、暑さに負けてバテバテでしたが。

同じ日本・・・でも、本当に普段生活している環境が とても違うんだと実感でした。

岩手でのインターハイは、競技に対する地元のサポートも素晴らしかったけど、それに伴う観光案内もとても充実していて、みんなの笑顔が素晴らしかった!
にかほ市でも、来た人たちに そんなふうに対応できたかな〜・・・と、自分自身を反省・・・でした。
posted by (一社)にかほ市観光協会 at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/47257778
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック