2012年11月29日

角館を会場に!

県内の観光協会始め、観光関連事業に従事している女性ばかりが集まって意見交換を行っています。
昨日は、角館を会場に約30名が集まり、貴重な意見交換会を開催しました。

これまで秋田の女性は、奥ゆかしくあまり意見を言わないのが「秋田美人」的な要素もあってか、なかなか女性が前面に出て活動することも少なかった・・・そんな風習があったかと思います。
田舎ほど、そうした雰囲気が強く感じられました。

NCM_1136.JPG


最近はそんなこともなく、得に観光に関することには「女性」の感性が大切にされるようになり、地域活性や農業、漁業に携わる女性の活躍が 眩しくなってきました。

観光に関する意見交換会は、案内業務をする上でも 即実践できる内容になっているので、個々の団体にも貴重な話を聞くことができるんです。
今回の参加者には、秋田県の伝統工芸品でもある「川連漆器」のコーディネートをされている方もおり、今さらながら秋田の奥深さを知りました。

「川連漆器」とは、丈夫で普段使いのできる漆器やイタリアデザインのモダンな現代版漆器などがあります。漆器って、扱い方が難しいかと感じますが、ところが普段からマメに使ってあげたほうがいいんですって!
洗うのも、洗剤は使わず日本手ぬぐいのような木綿で、優しく洗ってあげればいいそうです。
そんな川連漆器を広めようと頑張っている方の話もおもしろい!
漆器を身近に使ってもらおうと、漆器のアクセサリーを作成し販売に力を入れているそうですよ!
これがコチラ右斜め下

NCM_1137.JPG


すごくオシャレなネックレスです。
秋田の伝統といい、技術といい、それを受継いできた人といい・・・秋田人でいながら、秋田の奥の深さを感じました。
posted by (一社)にかほ市観光協会 at 15:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 県内情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/60391105
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック