2013年02月27日

『雛飾り」第2弾

長ーい長ーい冬が終わる兆しが ちょこっと見え隠れしはじめました。
昨日は、市内全部の旅館・ホテル業組合の定例会に参加させていただきました。
冬の間には、どうしてもお客様も減少する中で、どのように魅力を発信していくか、その日の宿泊状況を観光協会が如何に早く把握できて、お問合せに対応していけるのか・・・平成25年度の取り組みに対して 和気あいあいと話しに花が咲きました。

会場は、各旅館・ホテルを持ち回りで開催します。
昨日の会場となった「サン・ねむの木」では、ロビーに華やかなお雛様が飾ってありましたぴかぴか(新しい)

NCM_0123.JPG


NCM_0124.JPG


逆光になって、あまりうまく撮れませんでした。
最近は、市内を回っているとこうした春の飾り物が増えて、どんなに猛吹雪であっても「春」への希望がもてるので嬉しいです。
希望が持てる・・・なんて言うと、きっと都会の人は大げさかと思うかもしれませんよね〜!
でも、東北の厳しい冬を長い間経験すると、本当にわずかな「光」という感じがして、「あと少し、あと少し」と自分に言い聞かせながら頑張るのです(笑)♪

そういえば、小学生の頃国語の教科書に、卒業式の挿絵が何故 満開の桜なのかが解らなかった〜!
卒業シーズンは、まだまだ雪が降る日もあって東北はまだ「冬」なんですよね。
この季節感の違いを理解できるようになるまで、だいぶかかったような気がします(笑)。
posted by (一社)にかほ市観光協会 at 10:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 季節の風物詩
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/62959246
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック