2013年06月05日

初夏 中島台の植物たち

中島台獅子ヶ鼻湿原の新緑シーズン。
ブナの芽吹きも、優しい黄緑色から だんだん緑が色濃くなってきました。
日差しを浴びて、雪の下でじっと我慢していた植物たちが生き生きと輝いている様子を、観光案内人の伊藤会長から写真を送っていただきましたのでご紹介します。

獅子ヶ鼻湿原の長老、あがりこ大王も生まれたての葉っぱがかわいらしく感じます。

あがりこ大王.JPG


こちらは「ユキザサ」
小さな 霞みのような花がとても印象的です。

ユキザサ.JPG


よく見ると朝顔の花の形に似ている「ツクバネウツギ」です。
柔らかい黄色が、緑の森の中でとても目立っています。

ツクバネウツギ.JPG


鳥海山に降り積もっている雪どけも進み、湿原内の川も水量が増えてますね〜!
鳥海マリモの付近は、きっと初めて見る人は圧倒される状況になっていると思います。
一般的には、7月からの盛夏時期に最もお客様がいらっしゃいますが、この新鮮な森の様子も見逃せません。

ヘナソ川 2.JPG


オールシーズン 様々な表情を見せてくれる 獅子ヶ鼻湿原・・・是非いろんな表情をお楽しみくださいねわーい(嬉しい顔)
posted by (一社)にかほ市観光協会 at 17:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 中島台
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/68885705
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック