2014年06月05日

池田修三版画展 「つながり」開催中!


去る5月に大盛況を収めた池田修三展が、夫婦町の宮城県松島町でも開催中です。


__ 9.JPG


__ 10.JPG


観瀾亭松島博物館、こちらもやはり大盛況。たくさんのお客様がいらしております。


__ 8.JPG


__ 3.JPG


夫婦町にちなんで、松島のお菓子とにかほ市のお菓子がふるまわれたそうです!


__ 5.JPG


この景色を見ると松島!って感じがするのは私だけかな・・・




池田修三版画展 「つながり」
【会 期】2014年6月1日(日)〜6月15日(日)
【会 場】主会場/観瀾亭松島博物館 11:00〜17:00 入場無料
【問合せ】TEL〈022-354-5708〉
     Email〈shuzoikeda@town.matsushima.miyagi.jp〉
(松島町産業観光課観光班内 池田修三松島展担当)
posted by (一社)にかほ市観光協会 at 14:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 自慢のにかほ人

2014年05月07日

大盛況。



__ 3.JPG


__ 1.JPG


__ 2.JPG


4月29日より象潟公会堂で開催された池田修三展の様子です。


各都市で開催された版画展では、某俳優も絶賛していたそうで・・・


版画展を楽しみに遠方からはるばる来てくださった方、テレビやラジオで知った方、前回の版画展ですっかりファンになった方、地元の方、たくさんの方にお越しいただきました。


今回も、約4000人を超える来場者数で、大大大盛況となりました。


池田修三の生家周辺の町内では目印となる青い旗や、かわいいお花を植えたりと、会場だけでなく町全体が華やぎ、賑わったのではないでしょうか。


6月からは「つながり」というタイトルで夫婦町である松島でも版画展が開催されます。



 池田修三版画展 「つながり」

【会 期】2014年6月1日(日)〜6月15日(日)
【会 場】主会場/観瀾亭松島博物館 11:00〜17:00 入場無料
【問合せ】TEL〈022-354-5708〉
     Email〈shuzoikeda@town.matsushima.miyagi.jp〉
(松島町産業観光課観光班内 池田修三松島展担当)





posted by (一社)にかほ市観光協会 at 11:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 自慢のにかほ人

2013年09月02日

にかほ生まれの 超神ネイガー 参上!

日本全国津々浦々の「ご当地ヒーロー」が何かと話題になっていますが、秋田県のヒーロー「超神ネイガー」は、クオリティが高いのと 秋田訛りや風土をとても良く表現していると思います。
そんなとこが、ご当地秋田県人にも とても人気が高い要因です。

・・・というか、ネイガーショーがあると 肝心の子供たちより 私たちいい年をした大人がヒートアップしてしまうという事実(笑)!
ネイガーグッズのプレゼントなんかあると、小さな子供を差し置いて 自分がもらおうと必死になるあたり・・・(笑)。
いけませんねー!

昨日も市内のホテルで ネイガーショーがありました。


NCM_0025.JPG


右斜め上コイツラは、悪者たち・・・「だじゃぐ組合」の面々。
 タグランケ  かまどキャシー  エフリコギ。

だじゃぐ組合のショッカー的存在の ホジナシ-を撮り損ねてしまった!  しまった!

NCM_0027.JPG


 とにかく、大人にも楽しんでいただける超神ネイガー。
いつかどこかに また参上するでしょう〜exclamation×2
posted by (一社)にかほ市観光協会 at 14:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 自慢のにかほ人

2013年07月03日

謎の「キラキラ王子」

地元で代々 製麺所を営む「伊藤製麺所」の若旦那が、魁新聞の情報誌に載ってました〜!
伊藤製麺所の他にも、鳥海山5合目や中島台獅子ヶ鼻湿原にもお店をやってる 鉾立観光の社長でもあります。

IMG_1959.JPG


観光協会の理事でもあり、トライアスロン「漢塾」(おとこじゅく)にも所属し、とてもアクティブで幅広い年代層のファンもいる!
ちなみに、うちの事務所職員からは「キラキラ王子」というニックネームで呼ばれているほど、いつも笑顔の穏やかな伊藤さんです。
こういう方々が、将来のにかほ市を担っていくんだろうな〜と、とても期待していますわーい(嬉しい顔)
posted by (一社)にかほ市観光協会 at 11:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 自慢のにかほ人

2013年06月10日

にかほを愛する男! 熊木氏!

どの地域でもそうですが、そこに住む人の心意気があって初めて まちおこし とか まちづくり ということが出来上がっていきます。
『観光』って、昔は風光明媚な景色や、歴史的な文化遺産などがあればそれだけで「観光地」と呼ばれる場所でした。
一度そういうレッテルを貼られた観光地は、大型の観光バスなどでとても賑わった時代がありましたよね!
今は、そうした美しい景色や文化遺産に加えて、そこで生活する「人」に会いたくて、「人」の魅力が合わさって 「あー行ってみたい」衝動に駆られることが多くなったと思います。

にかほ市にも、そうした地元を愛する人たちがたくさんいるんです。
自分の趣味を活かして、ここでできることを思う存分 ご自分でも楽しまれて、それが人との交流につながって、「観光」にもつながってくる。
例えば 観光案内人さんや 農家レストラン、唄や踊りの先生方。
お年を召した方でも、本当に活き活きとしていて とても素敵な方ばかり!

都会でお仕事をしていて、退職してからUターンで帰ってこられた 熊木さんもその一人です。
陶芸や切り絵、藍染めで 市内のお祭りや芸能を作品にしているんですよ!
今日は、その熊木さんの藍染めのシャツに感動して、一枚写真を撮らせていただきました。

NCM_0632.JPG


全てこんな感じで、 とっても I LOVE にかほ の熊木さんです。
歴史文化にもとても詳しくて、穏やかで、話しているだけで笑顔になってしまう熊木さんと 熊木さんグッズを是非皆様にも知っていただけたら嬉しいな〜ハートたち(複数ハート)

posted by (一社)にかほ市観光協会 at 19:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 自慢のにかほ人

2013年05月13日

大切にしたい若者たち

もともと、漁師と農家が半々だった にかほ市金浦地域。
第1次産業が 家計を支えていた時代が長かった地域です。

今では、夫婦揃って製造業などの会社勤めの家庭がほとんどですが、日本にとっても第1次産業は重要な産業のはず。
でも、農業も漁業も もちろん林業もですが、若い世代の後継者不足で だんだん寂しいものになってきています。

金浦漁港では、かつて大型漁船が30隻もあるほどの港でしたが、年々減る一方で 現在では7隻しかなくまりました。

その中で、なんと父親の家業の漁師になろうと頑張っている若者たちがいますexclamation

NCM_0490.JPG


この若い世代を 心底応援していくことが、私たちの世代の重要な役割だと思っています。
posted by (一社)にかほ市観光協会 at 18:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 自慢のにかほ人

2011年03月08日

花水木 のご主人

お店に出すご飯は、毎年自分の田んぼで お店専用に作っているという、「米」にも素材にも かなりこだわりのある 花水木 。
地元で水揚げされる 魚メニューが中心で、新鮮さと 味には特に定評があるお店ですね。。。

わたしも、お昼時間に少し余裕があるとお邪魔しますが、そこのご主人には おいしい料理を作る以外に 他にもこんな趣味がexclamation

00 001.jpg


なんとこれ、焼きゴテで描いたそうなんですが 錦鯉の鮮やかな 色あんべといい、優雅に泳いでいるのが伝わってくるような空気感といい、素晴らしいな〜と思いました。

お店の一室に飾ってあるので、お食事の際は 探してみてくださいぴかぴか(新しい)

料理人・・・て、手先が器用で多趣味の方が多いと聞きますが、まさに花水木のご主人も 器用な方なんですね〜グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)
posted by (一社)にかほ市観光協会 at 15:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 自慢のにかほ人

2011年02月17日

細工の名人

仕事を退職された方々が、のんびり自分の趣味に没頭して素晴らしい技術を磨いている・・・のを時々見つけます。
にわか趣味でやってるようには見えないほど、プロ顔負けの手工芸品など、「たいした たまげだごど!!」(驚いた!)というものも少なくありません。
昨年たまたまお邪魔したお宅に、秋田県の有名なお祭り 「西馬内盆踊り」 の、見事な切り絵が飾ってあって、見入ってしまいました。
着物の柄の細かさや 西馬内盆踊り独特の、女性の手の動き・・・切り絵なのに、その迫力に感動グッド(上向き矢印)

もう退職されて10年ほど・・・
「なーんと! 仕事してるうぢなば なもでぎねなせ〜! 今なばうだるたげ時間あるもんだし! なんも じょんだぐなばねあだども、たいしたもだな〜って ゆわいれば おもしぇくて作るあだ〜笑♪」
と言って、近所の人に配ったりしてるそうで・・・ぴかぴか(新しい)
(仕事してるうちは 何も出来なかったけど、今なら時間は捨てるほどあるから。別に上手ではないけど、すごいな〜って言われると面白くて作ってるんだ〜。)

ってことで、 「掛魚まつり」 の切り絵も ちょっと無理を言って作ってもらっちゃいましたわーい(嬉しい顔)

00 497.jpg


「切り絵」ながら、大鱈を担いで神社の階段を上る、漁師の心意気まで伝わってきそうな・・・。
「金浦町民」も納得!!の、素晴らしい作品だと思います。

00 494.jpg


「できたよ〜!」って電話を貰って、早速見に行って、まだ「あげるよ」って言われる前から 「いや〜 わりっすな〜 どうも ありがど!!」と、しっかり貰ってきちゃいました笑!

本当は、作者の氏家さんも紹介したくて 写真撮らせてもらいたかったんだけど
「なーに〜! んたで〜!」(嫌だ)・・・ってことなので、残念ながら ご本人を紹介できませんあせあせ(飛び散る汗)
恥ずかしがり屋の 氏家さんでしたわーい(嬉しい顔)

氏家さんの作品は、うちの事務所に飾ってありますので、是非ご覧になってみてください♪
posted by (一社)にかほ市観光協会 at 16:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 自慢のにかほ人