2013年02月24日

今年最後の鱈料理

正月明けてから、今年ほど海の状態が悪い年はなかった・・・と漁師さんたちが言うぐらい、船が出る回数が少なかった にかほ市の各漁港。
それでも、わずかな回数でも 鱈は豊漁だったため、どうにか漁師さんたちの糧とはなったようです。
2月も中旬を過ぎると、丸ゝ太った鱈も 産卵が終わる時期になります。
産卵が終わった鱈は、まるで別人(別魚?)のように ホッソリとスマートになるんですよ!
初めて見たときは、この魚はなーに?? なんて、おとぼけの質問をしたりしてました(笑)。

と、いうわけで、今シーズンいよいよ最後となる鱈料理を堪能させていただきました。

NCM_0110.JPG


NCM_0112.JPG


NCM_0114.JPG


来年のお正月明けの 鱈漁シーズンまでお預けかと思うと、しっかり味わって食べよう〜!!!と、吟味していただきました。
posted by (一社)にかほ市観光協会 at 16:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 食・酒

2013年02月19日

何故か定期的に食べたくなるもの!シリーズ♪

ふとした拍子に、急に食べたくなるものや、定期的に食べたくなるものって誰にもあると思います。
なんの前触れもないのに、突然そのメニューの画像が 脳裏に浮かんでくるんですよね!
そうなると、もう居ても経ってもいられず、どうしてもそれを食べないと気が済まない状態にまでなります(笑)。
「思い出したが100年目」って感じー(長音記号1)

午前中、バタバタしてるときに限って、何故か頭をよぎるメニュー・・・【あくまでも個人的見解】です。

まずは、リラクシンのカレーexclamation

リラクシン.JPG


あの辛さが、ふとよみがえって頭の中の仕事の邪魔をする(笑)
リラクシンは、JR仁賀保駅のまん前にあるので、駅を出たらすぐわかりますよ!

そして、カフェ イッキューのカレーexclamation

NCM_0069.JPG


素揚げの野菜と、フルーツの香り漂うルーが絶妙です。
フルーツっぽいと思いますが、後からじわじわくる辛さは ハンパないので、しばらくするとまた思い出すのです(笑)

寒ーい冬でも、暑い夏でも食べたくなるのは 1・2・3の坦々麺!

NCM_0795.JPG


なにも暑い日に これを食べなくても・・・と頭ではわかっていても つい頼んでしまうんです。
この坦々麺、突然食べたくなってランチタイムに行きますが、あとで数えるとだいたい月に一度は食べにいっている・・・ってことは、月に一度 突然食べたくなるペース!
レストラン1・2・3(ひふみ)は、象潟海水浴場の近くにあります。

それから、マサ苑の五目あんかけ焼きそば!
これも、急に思い出す一品です。
見かけは薄味っぽいですが、種類豊富な食材の旨味がたっぷり出ているので、これがあとをひくんですよね!

NCM_0074.JPG


マサ苑は、JR象潟駅から徒歩5分・・・日本海方面へまっすぐ歩いて行くと看板が見えます。

この他にも、まだまだたくさんある「突然食べたくなるシリーズ」ですが、今日のところはこのぐらいにしておきますわーい(嬉しい顔)
近いうちに、このシリーズご紹介しますので、お楽しみに〜ぴかぴか(新しい)手(パー)
posted by (一社)にかほ市観光協会 at 14:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 食・酒

2013年01月17日

鱈鍋!

東京の大雪はすごかったですね!
首都圏であれだけの雪が降ると、改めて大変なことだと テレビのニュースで感じました。
本日のにかほ市は、珍しく一晩で30p以上も雪が積もり・・・朝から職員総出で 中途半端に広い駐車場を手作業で除雪したばかりです。

寒さもピークを迎えているこの頃ですが、これだけ寒いと やっぱり「鍋料理」がいいですよね〜!
旬の寒鱈も、余すところなくいろんな料理にされますが、何といっても定番の「鱈鍋」が、幸せ〜ムードを感じます。

057.JPG


この鱈鍋には、飛良泉の山廃仕込みがグッドな相性!
日本酒が好きな方には、鱈鍋と飛良泉の相性を試していただけたら嬉しいな〜グッド(上向き矢印)と思います手(チョキ)
posted by (一社)にかほ市観光協会 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 食・酒

2013年01月16日

ハタハタ寿し!

秋田県では、たぶんほとんどの地域で正月のおせち料理に出てくると思います。
ハタハタ寿し・・・。
麹に、様々な海藻や人参などを細かく刻んで漬けこみます。
秋田県内でも、男鹿周辺とにかほ周辺で、作り方が全然違うんです。
同じ地域であっても、素材や味付けが違うので、いろいろ食べ比べて自分の味を探してみるのも楽しい!

058.JPG


にかほ市でハタハタ寿しを販売しているお店は、イチウロコ菊地商店・永田屋商店・三浦米太郎商店・土田水産・五十嵐商店 などなどたくさんありますが、それぞれ微妙に味が違うんですよ♪

お店で販売している以外にも、市内飲食店でお料理のひとつとして出されるところもあるので、そんな場所を探して味わってみるのもいかがでしょうか。
大量に作っていないところは、数量限定の早い者勝ちになるかと思います。
にかほ市を訪れたら、美味しいハタハタ寿しめぐり・・・是非おススメしますわーい(嬉しい顔)
posted by (一社)にかほ市観光協会 at 13:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 食・酒

2013年01月14日

でました〜! タラだらけ!

掛魚まつり本番を前に、にかほ市の鱈漁も本番を迎えてきました。
パッツンパッツンにお腹が張った鱈が、港に水揚げされると、手早く重さを量って箱詰めされてセリの準備へと・・・漁師さんと漁協荷捌所の職員と、そしてギラギラ目を光らせてブツを見ている仲買人。
船が大漁で帰ってくると、一連の作業がとても手際よく行われます。
部外者が、ちょこっとでも邪魔すると、わずかのタイミングで動いている人たちに怒鳴られることもしばしばです。

でも、港がこうして活気づいてくると、市内の飲食店にもいろんな鱈料理が並び始めます。
今日は、AKT秋田テレビ『jumpin’』の取材で、齋藤旅館さんに取材に来てくれました!

FB_IMG_13581314857091090.jpg


NCM_1198.JPG


NCM_1208.JPG


NCM_1209.JPG


齋藤旅館さんは、明治創業の古くからの旅館で、地元漁師の人にも定評のある鱈料理をだしてくれるところです。
旅館ですが、ランチや夜の宴会までやっているので、気軽な感じで入ることができるんですよ!
もちろん事前の予約が必要ですが、鱈の様々な部位を使って、昔から地元で食べられてきた料理が多いので、地域の食文化にも触れることができる貴重なお店のひとつです。

AKT秋田テレビの石井資子アナウンサーも、残さず食べてくれた! 嬉しい!!
『jumpin’』の放送は、20日(日)となっておりますので、是非是非 皆様ご覧くださいねグッド(上向き矢印)
・・・と、ローカルテレビなので、県外の方にはご覧いただけないのが残念ですが、鱈の旬はわずか2ヶ月足らずと、短い期間となっていますので、にかほ市に本場の鱈料理を食べにきてくださいませわーい(嬉しい顔)

齋藤旅館
  電話 0184-38-2037
 にかほ市金浦字南金浦42

白瀬矗南極探検隊長の生家でもある、浄蓮寺山門のすぐ目の前にありますひらめき
posted by (一社)にかほ市観光協会 at 15:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 食・酒

2012年12月19日

ハタハタの次は〜!

今年の日本海は、どうやらご機嫌斜めらしく、一番大切な季節ハタハタシーズンに出漁する日が少なかった〜!
波が悪かったり、天気が悪かったりと、シーズン中に3度程度だったようです。
こればかりは、自然相手なので仕方のないこと・・・だから、漁師の皆さんは「縁起を担ぐ」ことや、神様を祀ってシキタリを大切にするんですね!
漁師のお宅は、どこでもとても立派な神棚があり、毎日 神様を拝んでから 仏様を拝むことを欠かしません。
普通の家庭では、だんだん薄れてきた習慣も 自然が相手の漁師さんや農家さんに色濃く残っていることが、なんとなく嬉しく感じます。

いよいよ、ハタハタも終盤に差し掛かりましたが、これからと言えば サメ や 寒鱈 へと漁が移っていきます。

恒例の伝統行事 掛魚まつり を前に、寒鱈漁が最盛期!
地元名物料理が次々と市内飲食店で堪能できますよ〜!

013.JPG


定番は、もちろん鱈汁。。。
お店で出される鱈汁には、身も入っていますが、家庭で食べる鱈汁はアラだけです。
大きい物では1m以上ある鱈を三枚におろして、身の部分以外をすべてグラグラと煮るんです。
骨の髄のダシが良く出て、寒い冬には芯から暖まる定番メニュー!

もう一品、定番メニューと言えば、鱈の子炒り。

052.JPG


こちらは、お正月のおせち料理には必ず入る一品です。
基本は、ツキこんにゃくに鱈の子ですが、家庭によってはササガキごぼうや千切り人参、ネギなどが入っていて、よそのお宅の子炒りを食べるのも楽しみなんですよ〜!

鱈は、その昔 お上に税金として献上させるほどの高級魚だったので、漁師さんでも食べることができない貴重な魚でした。
なので、本当にきれいさっぱり 骨とエラ以外食べてしまいます。
最後の料理は、漁師さんちでは必ずやる・・・骨にくっついているわずかな身を、指で丁寧にこそげとったものや、頭部分のコラーゲンたっぷりの皮の部分を 酢味噌で合わせたもの!
これがまた絶品!ですが、昔からやっている料理屋さんでないと こうしたメニューはでてきませんね〜!

029.JPG


鱈の料理は数知れず・・・まだまだたくさんの貴重な料理にも、是非出会っていただけたら嬉しいですわーい(嬉しい顔)
posted by (一社)にかほ市観光協会 at 17:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 食・酒

2012年12月13日

『ハヤトウリ』

ときどき、市内の店先でなんとなーく目にしたことはあったんですが、『ハヤトウリ』と言うんだそうです。
にかほ市の大竹地区で栽培されていて、ある程度まとまった量が出荷されているそうなんですが、市内でこんな野菜が栽培されているなんて知らなかった〜!

NCM_1174.JPG


先日、道の駅ねむの丘で会合に出席したら、このハヤトウリの辛子漬が出てました。
なんとま〜 とっても美味しいのです!!
隣に、百彩館のカナカブ漬も同席(?)してて、この両方がホントに美味しい〜!
どちらも、ちょうどいい辛さが かなりアトを引く感じ目
一度食べたら、ついつい箸が進んで食べつくすまで一気に食べてしまいました。

原産地はメキシコということで、大竹地区の気候がハヤトウリの栽培にあっているってことなんでしょうね〜♪
市内にも、いろんなご当地野菜や珍しい野菜が こんなにおがってる(生えている)とは知らなかった〜!
メジャーな野菜ばかりでなく、こんな野菜で新しい料理を発見するのも楽しそうですわーい(嬉しい顔)
posted by (一社)にかほ市観光協会 at 17:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 食・酒

2012年12月08日

「だだみ」の季節となってきました〜!

冬限定の絶品・・・寒い地方には いろいろありますが、にかほ市の冬の味覚bPと言えば、やはり この「だだみ」ではないでしょうか。
12月に入ると、港にハタハタがあがり始め、10日前後になるとハタハタの接岸が始まります。
陸地に寄ってきて、浅瀬に卵を生みますが、接岸ハタハタは漁師でなくても防波堤から釣ることができます。
ただし、網をかけるのはダメで 一匹づつ竿で釣るのだけは許可されているんですよ!
今日の金浦防波堤も、ハタハタ釣りで 横並びに大勢の人が並んでいました。
激寒の中でも、いつも大勢並んでいる釣り客の姿は、にかほの風物詩ともなっているようです。

ハタハタ漁が落ち着いてくると、寒鱈漁が始まってきますね!
1m以上もある大きな鱈で、漁協の荷捌所はいっぱいになってきます。
時期的には、正月明けぐらいから本格的な鱈漁になりますが、少しずつ水揚げされてきました。
珍味として、だんだん人気のあがってきた名物「だだみ」も、今は少し小さめ。
でも、これを楽しみにしていた地元では すでに出回っているようですよ〜!

NCM_1132.JPG


表面をサッと湯通しして、刺身で食べるのが一番!
鱈鍋のアッツアツも最高です。
鮮度勝負なので、是非地元にかほ市でお求めになることを おススメしますよ〜わーい(嬉しい顔)
posted by (一社)にかほ市観光協会 at 14:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 食・酒

2012年12月02日

真冬の美味。。。

師走に入って、本格的な冬となりました。。。昨日の日暮れから、ようやく初めての積雪となったにかほ市です。
積雪があった・・・と言っても、サワッと積もっただけで、日が明けて少し太陽が出始めたら 溶けてなくなる程度でした。

にかほ市の冬の味覚!と言えば、やはり激荒波を泳ぎ回って 脂がしっかりのってきた魚たちでしょうか。
ハタハタの接岸には、もう1週間ほどかと思いますが、ハタハタだけでなく、今水揚げされる魚たちには 夏よりも冬が旬であるものも多いです。

12月・・・みなさん忘年会シーズンで大忙しの方もいらっしゃるでしょう〜。
お泊り忘年会で、魚料理をメインにした内容をご希望であれば、是非にかほ市の宿泊施設をチョイスしていただきたいと思います。
 

位置情報温泉保養センターはまなす
  充実した温泉と、女性スタッフの行き届いたおもてなしが、人気となっています。
  料理は、あらかじめ希望を言っていただくこともできます。
   ・住所 にかほ市金浦字中谷地20-1
     TEL 0184-38-2246

位置情報たつみ寛洋ホテル
  JR象潟駅からも近く、魚介メニューが人気でレストランへのリピーターのお客様多し!
  人数によっては、送迎バスも完備しています。
   ・住所 にかほ市象潟町字後田116-5
     TEL 0184-32-5555

位置情報サン・ねむの木
  日本海を臨む高台からの景色は最高です。
  大宴会【80名程度】でも対応できる大広間も完備! 4階の温泉は、湯質も景色も絶品。
   ・住所 にかほ市象潟町字才の神31
     TEL 0184-43-4960
位置情報海苑 蕉風荘
  海岸線のすぐそばの宿は、静かな波音を聞きながら落ち着いた雰囲気のホテルです。
  賑やかな忘年会と、静かな時間の両方を楽しんでいただけると思います。
   ・住所 にかほ市象潟町字中橋町50
     TEL 0184-43-2460

位置情報象潟シーサイドホテル
  名前の通り、プライベートビーチがあるほどの砂浜に隣接するホテル。
  大荒れの日本海が、目の前にできるオーシャンビューのホテルです。
   ・住所 にかほ市象潟町字琴和喜58-23
     TEL 0184-43-4111

位置情報いちゑ
  純和風造りの旅館は、最近更に料理のバージョンアップを図っているとのこと。
  広いロビーを通り、一番奥にあるお部屋は 宴会場とも離れているため 静かな隠れ家的雰囲気となっています。
   ・住所 にかほ市三森字大苗代20-1
     TEL 0184-37-2000

位置情報ホテルエクセルキクスイ
  個室完備の都会的なホテルでの忘年会・・・という幹事さんにおススメです。
  料理はもちろん、ちょっとセレブな雰囲気で 送迎バスもご利用になれます。
   ・住所 にかほ市平沢字町田108-1
     TEL 0184-37-3333

今回は、宿泊施設をご利用いただける会場をご紹介しましたが、飲食店もとても充実しています。
次回は飲食店を ご紹介いたしますぴかぴか(新しい)
  
posted by (一社)にかほ市観光協会 at 15:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 食・酒

2012年11月27日

市内各飲食店でのハタハタ料理

日本海の荒波が、海岸線を走る車にも波しぶきを散らしています。
堤防を軽く乗り越えてくる波の荒々しさを見るのも、日本海の冬の醍醐味と言えるのではないかと思います。
夜中には、荒れた天気が暴風雪となって ときおり腹の底から響くような雷の音で目覚めます。
冬の雷は、ハタハタが近づいていることの証ですが、だからハタハタは鱩とも書くんですね!

市内の飲食店に行くと、ほとんどの店でハタハタ料理が出るようになりました。
同じハタハタでも、やっぱりお店によっていろんな料理があるので、食べ比べして歩くのも楽しいですね。
鱈もそうですが、ハタハタもまた昔から地域で食べられてきた料理や、新しく開発されたメニューなどなど、味が淡白な白身魚だけに調理法のバリエーションも豊富!
骨もさほど気にならない魚なので、普段は魚料理をあまり食べない方にも、ハタハタ、鱈はおススメしたい魚です。

NCM_1124.JPG


これは、醤油にサラッと漬けて焼いたハタハタです。
頭からガブリと! 骨がらみ食べますよ〜グッド(上向き矢印)

シンプルな料理ですが、漬けタレや時間などで微妙に味が違います。
家庭料理なので、「家の味」が出るのも面白い・・・同じ料理でも、違う料理!

今日は、魚料理で定評のある「花水木」さんのランチメニューからご紹介していまが、花水木と言えば「銀シャリ」の美味いことでも評判が高い!
新米の季節・・・丁寧に作られた魚料理をメインに、たまに落ち着いてランチタイムはいかがでしょうかわーい(嬉しい顔)

NCM_1123.JPG


NCM_1125.JPG


 ガサエビの味噌汁も天下一品exclamation×2

posted by (一社)にかほ市観光協会 at 14:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 食・酒

2012年11月22日

にかほ名物 カナカブ漬け

すっかり にかほ名物として定着して、毎年伸びる販売数に追い付くために、作付面積も増やしているという百彩館の「カナカブ」!
毎年増やしても、まだ供給が追いつかないほどの人気商品となりました。

カナカブ・・・とは、カブと言えども 実は超ミニサイズの大根で、商標登録まできちんとしているツワモノなんです。

カナカブ漬け1.jpg


カナカブ自体は、他の地域にも作付しているところは たくさんありますが、なぜ百彩館のカナカブが特別扱いされているかというと。。。
焼畑で作っているということ。

焼畑で作ったカナカブは、辛みが増して 最高に美味しいのです。
普通に畑で作ったカナカブは、この独特の辛みが少なくなるので、普通のカブに近い感じになります。
昔は一般的に行われていた 焼畑は、手間がかかるのと、一度作付した場所に連作ができなく、5年はあけないとダメなんだとか。
手間はかかるは、広大な土地が必要となるわで、だんだん普通の畑へ転換されていった経緯があるそうです。

ちなみに、畑を焼く作業は 最高に暑い7月中旬から下旬にかけて行われるんですよ〜!
私も、見学させていただきましたが。。。
なんせ暑いあせあせ(飛び散る汗)

焼畑 024.jpg


焼畑 015.jpg


灼熱の太陽の下、燃え上がる炎の中で 本当に大変な作業現場でした。

でも、この過程があるから これだけ人気商品となることが良く分かります。
百彩館の小松さんは、絶対に妥協しません。
美味しいものを、美味しく加工して届けてくれる信念も、リピーターが多いことにつながっているのだと思います。
posted by (一社)にかほ市観光協会 at 15:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 食・酒

2012年11月16日

〜ハタハタ〜

出てきました〜グッド(上向き矢印)
ぶりこを持った ハタハタが揚がるようになってきましたよ〜グッド(上向き矢印)

NCM_1111.JPG


残念ながら、私にあたったのは「白子」のほうでしたが、季節ハタハタまでは1ヶ月弱 ありますが、今の時期のハタハタも脂がのって美味しいのですよひらめき

11月は、天気と波の状態が悪くて まだ2回しか漁に出ていないそうです。
居酒屋や 料理屋さんで、ハタハタの姿を見ると「あー冬だ〜」という感じですねわーい(嬉しい顔)
posted by (一社)にかほ市観光協会 at 17:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 食・酒

2012年10月26日

食欲の秋! おススメにかほ食

鳥海山麓の秋は、実り豊かな食に恵まれています。
にかほ市の有志で活動している 「どん吉」くらぶ では、市内のおススメ「秋の食」を集めて、「うめもの一品紹介」というパンフレットを作成しています。

それぞれのお店の、この季節一番の力作の集大成!!
にかほに来たら、まずこれを食べなきゃ!という自慢のメニューが 並んでいますよ〜グッド(上向き矢印)

NCM_1025.JPG


表紙は、最近人気上昇中の どん吉くんが どーんと目印になっています。
中を開くと、自慢メニューの写真と、お店の紹介が載っています。
これ一冊があれば、秋の美味しいものが網羅されるようになってるんですね〜♪

NCM_1026.JPG


ちょっとずつ ブログでも紹介していこうと思いますが、まずはここ「笹乃井」さんの 鳥海丼 ひらめき
鮭とイクラの親子丼になってます。  うまそ〜!! で、1,250円なりexclamation

IMG_1286.JPG


どこのメニューも、季節限定となっていますので、皆様お早目にお越しくださいね〜わーい(嬉しい顔)
posted by (一社)にかほ市観光協会 at 14:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 食・酒

2012年10月23日

新米の にぎりまんま

稲作をしている農家の特権は、新米が出たと同時に新米が食べられること!
秋田に住んでいても、農家でなければ一般に出回ってから ようやく新米にありつけます。

私の家も農家ではないので、米大好き一家にとって 一日も早く新米が食べられるようにあの手この手(笑)なのでありました。

先日、冬師集落にお邪魔した際に、一足早く(ほとんど農家の人が新米を食べるタイミングで)新米の にぎりまんまを食べました!
毎年のことですが、新米を食べると 涙が出るほど美味しい〜ぴかぴか(新しい)
大げさかも知れませんが、生きてて良かった〜・・・という心からの感謝の気持ちでいっぱいになります。

そして、本当に美味しかったexclamationにぎりまんまexclamation
NCM_0984.JPG


NCM_0985.JPG


田舎では、親族一同が集まるような行事があると、こうして盆に にぎりまんまを並べて全員で食べます。
一族のババちゃんがにぎると、こうした丸のおにぎりが多いです。

この光景を見ると、子供の頃に母親の実家に遊びに行ったころを思い出すのですよわーい(嬉しい顔)
一緒に出てきた キノコ汁も五臓六腑に浸みわたる美味しさ!
こんなことがあるから、田舎の生活はやめられないな〜・・・と、つくづく思うのでありました(笑)。
posted by (一社)にかほ市観光協会 at 17:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 食・酒

2012年10月10日

海の幸 山の幸

食欲の秋となりました。
朝晩と、日中の気温差が大きくなると、本郷地区の蕎麦も グーンと味が美味しくなるんだそうです。

海岸線から 2,236mの鳥海山の頂上までの直線距離が わずか16qと、狭い範囲の中に「海」「山」が凝縮されている にかほ市では、秋になると いよいよ自然の食の恵みが豊富になる、一番いい季節と言えるかも知れません。

先日、偶然にも同じ日に 今年の初物・・・きのこをいただきました。
早速きのこ汁にして・・・
NCM_0939.JPG


「いよいよ 秋の本番だな〜」と思っていると、
うちの 爺さんが海から帰ってきました。
日本海の恵は「ホウボウ」

NCM_0942.JPG


このヒレの色に、見たことない人は驚きますが、刺身にしても焼き物にしても、甘みのある白身は本当に美味しい魚です。

この日は、早速刺身にしていただきましたが、思い切り大自然の恵みで 食材にできるという、誠に幸せな地域、にかほ市なのでありました。

これからは、鮭が遡上し新鮮なイクラ、日本海の魚も脂がのってくるし、山のきのこも種類が増えるし・・・全く言うことありません(笑)♪
posted by (一社)にかほ市観光協会 at 13:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 食・酒

2012年10月09日

酒蔵 飛良泉の飲み比べ

来年のJR企画 秋田県大潟観光キャンペーン 通称DC(デスティネーションキャンペーン)のプレが10月から始まっております。
全国のJRが、10月〜12月の期間、秋田県に集中的に集客を図ろうとする 観光キャンペーンです。
首都圏の、東京駅や有楽町駅、銀座駅前ビルなどに 秋田の観光ポスターなどが大々的に貼られています。
来年の本番を前に、着々と県内の受入準備が進められています。

ってことで、県内の酒蔵さんも 来年のキャンペーンに備えて 新しい試みをしてみようと とても楽しみなことを企画準備していますよ〜!

それぞれ、歴史の古い酒蔵が多い秋田県。
その酒蔵に住みついている酵母から、古の酵母だけを取り出し、昔々の日本酒を再現してみようということ。
にかほ市には、操業している酒蔵の中で、日本で3番目に古い「飛良泉」があります。
何度か、このブログでもお伝えしてきました。

その飛良泉の屋根裏には、おそらく当時の縁起かつぎなのか 弓が掛けてあるそうですが、その弓に付着する酵母の中から、最も古いものを抽出して、当時のままの状態に近い日本酒を作ろうと 試作品を作っているようです。

「ひやおろし」と「にかほ蔵」は、これまでも販売されてきた人気商品ですが、この「飛」のラベルが試作品。
bP2と、bP5。

NCM_0964.JPG


現在、限定で販売されているのが bQ の「二番」という銘柄。

こうして並べて飲み比べてみると、味の違いがハッキリわかって、この料理にはこの酒! と、自分でベストカップルを作ることもできますね!

県内の、他の酒蔵の試作品も 是非試してみたいと思います。
それにしても、やっぱり地元の食には、地元の酒が一番合うようにできてるんですね〜!

来年のDCの時期に、本格的に販売されるのが楽しみ〜にしていてくださいね〜ムード
posted by (一社)にかほ市観光協会 at 14:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 食・酒

2012年10月06日

にかほ産の美味しい魚料理がたべたいときは。。。

お店の看板もほとんどなく、大っぴらに宣伝もしてなく、増してや電話帳にも載ってなく・・・。
なのに、いつも地元の人でにぎわっている料理屋さんがあるんです。

にかほ市民は、子供の頃から水揚げされたばかりの魚に慣れているので、ここで「美味しい」と言われる料理屋さんは、本当に美味しい!

看板には
  「・・・」
と小さく書いてある。
本当は かじ川さんという名前ですが、「かじ」の文字が変換できない「かじ」なので電話帳にも載せようがないんだそうです。と、いうことを初めて知りました。
わざと、隠れ家的にそうしているのかと思ってましたが、そんな理由で看板も宣伝もなかなかできなかったんだとか。

ランチタイムと夜の居酒屋タイムの2部制になっています。
その日に、市内の漁港で水揚げされた魚料理になるので、何の魚料理かはその日になってのお楽しみグッド(上向き矢印)

先日行ったときは、こんな感じでしたよ〜右斜め下

NCM_0868.JPG


これで、1,000円ランチです!!
値段と新鮮さと、そして味がぴか一のお店ですので、皆様機会がありましたら是非わーい(嬉しい顔)手(チョキ)
posted by (一社)にかほ市観光協会 at 17:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 食・酒

2012年09月13日

酒のツマミにピッタリメニュー

さすが にかほ市は港町と褒められることが とても嬉しくなります。
ランチメニューにも、居酒屋メニューにも、とにかく新鮮な 旬の魚料理が豊富だと、感動していただくことも多いです。

昨日の会合後の夕食会で、首長(カレイ)の塩焼きや、アンコウのから揚げなど ずらずら並ぶ日本海素材!
ついさっきまで海で泳いでたものばかりなので、ピッチピチのプッリプリ♪
これが、地元の日本酒 飛良泉との相性がバッチリ過ぎて、ちょっとお酒もツマミのすすんでしまいます。

NCM_0840.JPG


にかほ市の港では、アンコウも年中とれるので いろんなメニューが楽しめるんですね〜exclamation
漁港直通の食材が、美味しいお酒と楽しめるってことは ホントに贅沢なことだと思います。
シメにも 欠かせない カニ雑炊!!
カニも、市内の港でたくさん水揚げされているんですよ〜グッド(上向き矢印)

NCM_0030.JPG


仕事帰りに ふと立ち寄って、こんなに贅沢なツマミでお酒が飲める幸せを 皆様にもお裾わけしたいと思いますわーい(嬉しい顔)
posted by (一社)にかほ市観光協会 at 13:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 食・酒

2012年09月08日

「こでらいね」コラボレーション

今年ほど、残暑厳しい年も珍しいかと思います。
お盆過ぎてから、毎日が30℃越えの日が続き、市内の農作物も ちょっとお疲れ気味のような様子です。
ここ2〜3日 久しぶりの雨が降って、少し涼しくなるかと思いきや、本日またまた30℃越え。。。
個人的に、東北に生まれながら 寒いよりは暑いほうが好きですが、「ちょっと やり過ぎだろー!」と、空に向かって言いたくなります(笑)。

日中、汗だくになって仕事して 帰ってからのビールの美味しい日が続いているのは 本当に嬉しいことで、今年は 美味しい時期が長く味わえるという 利点もありますねグッド(上向き矢印)

そして、にかほ市民にとって 暑い日に絶対欠かせないのが「飛良泉」の氷結 ぴかぴか(新しい)

凍ったお酒を、棒で突いてシャーベット状にして飲むお酒ですが、本当にこれは こでらいねexclamation

そして、その氷結に もってこいのツマミがこれ。。。

IMG_1242.JPG


三浦米太郎商店の いぶりはたはた瓶詰め!
そして、

IMG_1246.JPG


でんべいがれい生産グループの でんべいがれい!

飛良泉氷結と これらのコラボレーション。。。
う〜〜〜っ!と 涙が出るぐらい 美味しいのでありましたひらめき

是非、みなさまにもお試しいただきたい組み合わせです。
posted by (一社)にかほ市観光協会 at 16:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 食・酒

2012年08月21日

「岩ガキ」の心残りはないですか?

お盆を過ぎてからの残暑が、ここまで厳しいのは何年ぶりでしょうか。
毎日30℃を軽く超えてる日が続く、にかほ市です。
でも、さすが東北・・・と思うのは、日中のうだるような暑さとは別世界の「夜」の涼しさ!!
日が沈んでからは、全開にした窓から ヒンヤリした風が、風呂上がりには ものすごく気持ちいいのです。
夜中は寒さを感じて、思わず毛布を一枚掛けてしまう・・・この季節独特の、素肌に毛布の温もりが非常に心地いいのでありましたムード

ところで皆様。。。この夏、思う存分「岩ガキ」を食べたでしょうか??
8月末までの期限が近づいております。

JR仁賀保駅から徒歩7分ほどにある「花水木」
ランチタイムのお酒タイムの2部制になっていますが、先日は無理を言って 「カキづくし」ランチにしてもらっちゃったのでご紹介グッド(上向き矢印)

NCM_0741.JPG


ビッグサイズの岩ガキは、現地でなければ もったいなくてできないと言われる カキフライ で贅沢〜exclamation×2
こんなデカい新鮮なカキを フ・・・フライにするなんて・・・あせあせ(飛び散る汗)
一口では食べきれない大きさに、秋田市からのお客様たちもビックリでしたぴかぴか(新しい)
(こう言われるのが 結構嬉しい!)

そして、何といってもコレ右斜め下ですひらめき

NCM_0740.JPG


見てみて〜 このプリップリ感exclamation

これを逃すと、あとは来年までお預けになりますので、今年の分 思い残すことなく召し上がってくださいね〜 まだ間に合う!!
posted by (一社)にかほ市観光協会 at 17:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 食・酒